にきびの治療法の一つとして漢方薬があります。
効き目も穏やかなのですぐに効果の見えるものではありませんが
にきびのできにくい体質に改善していってくれる漢方は大変良いものだと思います。
ここではニキビの種類に合った色々な種類の漢方薬を紹介しています。


スポンサードリンク

排膿散及湯-はいのうさんきゅうとう-

化膿がとても強いニキビの膿を出しやすくして早く治します。

清上防風湯-せいじょうぼうふうとう-

赤みが強く化膿が激しいニキビに効果あり。
顔面や頭部に多く出る人、体力のある人に用いられます。

荊芥連翹湯-けいがいれんぎょうとう-

皮膚が浅黒く、手の平に汗をかきやすく化膿がやや強いニキビに。

十味敗毒湯-じゅうみはいどくとう-

乾燥タイプで、ジュクジュクせず、滲出液の少ない二キビに。

黄連解毒湯-おうれんげどくとう-

炎症が強く、赤く腫れ熱を持っているニキビに。

当帰芍薬散-とうきしゃくやくさん-

顔色が青白く貧血気味で、便秘で冷え性で、ニキビは小さく色も赤みが少ないニキビに。

桂枝茯苓丸-けいしぶくりょうがん-

熱のバランスを整え、のぼせや冷えを改善し、ホルモンのバランスを整える効果があり、生理が原因のニキビに。

ニキビとは?
なぜにきびはできるのか?
詳しい原因と仕組み
年齢によるにきびのちがい
思春期にきびと大人にきび
性別による違い
男性のにきびと女性にきび
女性のにきびと生理
患部によるにきびの違い
顔のにきび
体のにきび
色によるちがい
にきびの色
自宅治療法
自宅スキンケアで治療
正しい洗顔方法
にきびを治す民間療法
にきびが出来やすい食事
にきびが治りやすくなる食事
にきびに良いハーブ
にきびに良い漢方薬
にきび痕
にきび痕はなぜできる?
にきび痕ができてしまったら
予防方法
にきびのできにくい肌作り
にきびと便秘
便秘改善方法