バランスの良い食事を心掛けることが大切です。
緑黄色野菜やレバーなど、ビタミンB群を多く含む食べ物は、ニキビのために良いと言われています。


スポンサードリンク

ビタミンB1

皮膚のかぶれを抑え、肌荒れに悪いストレスを解消してくれます。
豚肉、ハム、レバー(牛、豚、鶏)、ラム肉、カブの葉、
ゴボウ、黒豆、そら豆、のり、牛乳、卵、ひじき、のり、緑茶などに多く含まれます。


ビタミンB2

皮膚の新陳代謝を良し、細胞を再生する働きのあるビタミンなのです。
アスパラガス、菊、クレソン、卵、チーズ、納豆、
ウナギ、カレイ、サバ、シシャモ、レバーなどに多く含まれます。


ビタミンB6

皮脂の過剰な分泌を抑えてくれたり、皮膚炎や口内炎に効果があります。
シャケ、サンマ、マグロ、アボカド、大豆、インゲン、
サツマイモ、ジャガイモ、ササミなどに多く含まれます。

 

ニキビとは?
なぜにきびはできるのか?
詳しい原因と仕組み
年齢によるにきびのちがい
思春期にきびと大人にきび
性別による違い
男性のにきびと女性にきび
女性のにきびと生理
患部によるにきびの違い
顔のにきび
体のにきび
色によるちがい
にきびの色
自宅治療法
自宅スキンケアで治療
正しい洗顔方法
にきびを治す民間療法
にきびが出来やすい食事
にきびが治りやすくなる食事
にきびに良いハーブ
にきびに良い漢方薬
にきび痕
にきび痕はなぜできる?
にきび痕ができてしまったら
予防方法
にきびのできにくい肌作り
にきびと便秘
便秘改善方法