食べ物の影響を大きく受けるのがニキビです。
砂糖をたくさん含んだ食品、油分の多い揚げ物や肉などはニキビの大敵です。
ニキビができやすい人はとにかく、砂糖と油分の過剰摂取は控えることです。

スポンサードリンク

脂っぽい食べ物

動物性脂肪は血中の中性脂肪を増やし、皮脂の分泌を増やします。
お肉、天ぷら、ナッツ類、スナック菓子、インスタントラーメンなどが油分の多い食べ物

 

甘い食べ物

糖分が多い食べ物も、消化されると糖分から油分に変り、皮脂の材料になるので注意しましょう。
チョコレート、ケーキ、クッキー、アイスクリーム、もち菓子、などなどが砂糖をたくさん含んだ食品

辛い食べ物

刺激物は胃が荒れたり、内臓に負担がかかるのでにきびを作る原因になります。
血行を促進するのでニキビの炎症を悪化させてしまいます。
エスニック料理やキムチ等が辛い食べ物

飲酒について

お酒はニキビの原因になる糖分を多く含みます。
糖や皮脂の代謝を促すビタミンB郡を大量に消費してしまします。
ビール、ウイスキー、焼酎、日本酒、その他アルコール類

炭水化物

炭水化物を食べ過ぎると、皮脂の分泌が多くなるので、ニキビには注意する必要があります。
ご飯やパン、麺類などです。

海草

海草に含まれるヨードは、甲状腺ホルモンをつくる必須のミネラルです。
しかし、体内に入ると皮脂腺から体外に排出されるために、ニキビを作る原因になります。
わかめや昆布、ひじき、めかぶなど。

ニキビとは?
なぜにきびはできるのか?
詳しい原因と仕組み
年齢によるにきびのちがい
思春期にきびと大人にきび
性別による違い
男性のにきびと女性にきび
女性のにきびと生理
患部によるにきびの違い
顔のにきび
体のにきび
色によるちがい
にきびの色
自宅治療法
自宅スキンケアで治療
正しい洗顔方法
にきびを治す民間療法
にきびが出来やすい食事
にきびが治りやすくなる食事
にきびに良いハーブ
にきびに良い漢方薬
にきび痕
にきび痕はなぜできる?
にきび痕ができてしまったら
予防方法
にきびのできにくい肌作り
にきびと便秘
便秘改善方法