スポンサードリンク

にきびに効く民間療法

昔から言われているにきびにいい民間療法を紹介します。
民間療法はその効果に個人差があります。
お肌に合わず悪化する場合はすぐに止め、皮膚科を受診することをお勧めいたします。

■びわ葉
びわ葉エキスはにきびで、お悩みの方におすすめです。

■手作り美肌水
<材料>
水(浄水機を通さない普通の水道水)200ml、尿素50g、グリセリン小さじ1杯
<作り方>
密閉できる適当な容器を用意する。水200mlに対して尿素50gを溶かす。
良く溶かしてから、グリセリン小さじ1杯を加えて良く振る。適度な濃度までうすめて使うと良いです。

■ぎんなんの皮
ぎんなんの皮を良く乾燥させ、煎じて飲むと効きます。

■馬油
ニキビに塗る。

■ナンテンの葉
1枚ずつ陰干し、カラカラになったらすり鉢で粉末にします。
それを濡らした手のひらに適量取り、そのまま擦り込む。

■ティーツリーオイル
ティーツリーオイルとラベンサラオイルをそれぞれ3滴ほど混ぜ、
根気強く一日に3回ほど綿棒などでにきびに塗リ続けると、痕も残らずきれいに治ります。

■たまごの白味と砂糖のパック 卵を黄味と白味に分け、白味に砂糖を適当に入れ、洗顔後にきびの部分にぬります。

■大根のおろし汁
大根をおろす。カーゼにおろし汁を含ませ、ニキビの部分に4〜5分付ける。
顔を洗ってから付ける。湯上りだと毛穴が開いているので効果的です。

■歯磨き粉
ニキビの上に「歯磨き粉」を塗る。

■塩
熱めのお湯に大さじ一杯の塩を溶かし、たたくようにして時間をかけて洗顔します。
あとは水で洗い流します。

■砂糖水
砂糖水で洗顔すると効果的です。顔がつるつるとしてきます。

■パセリ
大量のパセリをすりおろしてニキビ塗る。

■泡盛ローション
泡盛をコットンにつけて拭きます。

※ 民間療法の効果には個人差があり、お肌に合わない場合が有ります。
合わない場合はただちにお辞めください。十分に気をつけ個人の責任で試して見てください。



ニキビとは?
なぜにきびはできるのか?
詳しい原因と仕組み
年齢によるにきびのちがい
思春期にきびと大人にきび
性別による違い
男性のにきびと女性にきび
女性のにきびと生理
患部によるにきびの違い
顔のにきび
体のにきび
色によるちがい
にきびの色
自宅治療法
自宅スキンケアで治療
正しい洗顔方法
にきびを治す民間療法
にきびが出来やすい食事
にきびが治りやすくなる食事
にきびに良いハーブ
にきびに良い漢方薬
にきび痕
にきび痕はなぜできる?
にきび痕ができてしまったら
予防方法
にきびのできにくい肌作り
にきびと便秘
便秘改善方法