スポンサードリンク

正しい洗顔方法

ニキビ予防やニキビ肌を改善するために、洗顔は基本的なスキンケア方法です。
洗顔は朝と夜に1日2〜3回で十分なようです。
洗顔しすぎると皮脂の分泌が増えて逆にニキビができやすくなります。
正しい洗顔方法でニキビを改善しましょう。

■1.熱めのお湯につけて軽くしぼったタオルを2〜3分の間、顔に当てて、毛穴を開かせます。

■2.汚れを洗い流すには、ぬるま湯で洗うのが理想です。
ぬるま湯で肌の皮脂は、穴から溶け出していきます。
(熱いお湯で顔をすすぐと、肌に必要な皮脂まで洗い流されてしまいます)

■3.洗顔剤を手に取り、きめ細かく弾力が有る泡になるまで手のひらで丁寧に泡立てます。
泡立てネットを使用すると簡単に泡立ち便利です。

■4.刺激を与えないように泡で顔全体を軽くマッサージするように、
脂の多い額、こめかみ、鼻、小鼻のまわりを円を描くように洗います。

■5.ぬるま湯で洗い流します。こめかみ、髪の毛の生え際など洗顔剤が残らないように
たっぷりのぬるま湯で洗い流しましょう。

■6.清潔で柔らかいタオルで軽く押さえるように水分をとります。
(タオルでゴシゴシ擦ると傷がついてしまします)


正しい洗顔方法で顔を洗っても使用する洗顔料が刺激になることがあります。
低刺激のものや無添加のものなど数多く販売されています。
どれが自分にあったものなのかは使用してみないとなかなかわかりません。
サンプルのものを使ってみるとか、皮膚科で販売されているものを試してみるといいと思います。
悪化する場合や改善が見られない場合は速やかに皮膚科に受診することをお勧めします。