スポンサードリンク

自宅で出来る基本的なスキンケア

皮膚科に行かなくとも自宅でできるスキンケアもあります。
次の事柄に注意して自宅でスキンケアしてみましょう。

○顔の周りに髪の毛がかからないようにしましょう。

○顔全体をヘアバンドやゴムでしっかり止めて、生え際の所までしっかり洗えるようにします。

○メーキャップは出来るだけ早く、しっかり落としましょう。
(油性ジェルタイプかクリームタイプのクレンジング剤が好ましいと言われています。)

○ぬるま湯(35℃〜40℃)で顔を洗います。

○洗顔剤を十分に泡たてて、泡で顔を洗うようにします。
(注意 強く擦らない。刺激を与えない)

○すすぎは、優しくかけるようにすすぎます。擦ってはいけません。

○化粧水で出来るだけ早く保湿します。

○クリーム、乳液は油分の多いものは、避けてください。
(にきび肌には、低刺激で過剰な皮脂を取り去ってくれ、なおかつバリア機能を向上させる化粧品が良いと言われています。)

○爪でいじると、跡が残り消えなくなります。

○生活面では、タバコや過度のストレス、夜更かし、間食はなるべく避けましょう。

○動物性食品(肉、バター、チーズ)香辛料、刺激物、糖分(チョコレート、ケーキなど)などの食べ物は控えましょう。

改善が見られない場合は速やかに皮膚科で診てもらうことをおすすめいたします。



ニキビとは?
なぜにきびはできるのか?
詳しい原因と仕組み
年齢によるにきびのちがい
思春期にきびと大人にきび
性別による違い
男性のにきびと女性にきび
女性のにきびと生理
患部によるにきびの違い
顔のにきび
体のにきび
色によるちがい
にきびの色
自宅治療法
自宅スキンケアで治療
正しい洗顔方法
にきびを治す民間療法
にきびが出来やすい食事
にきびが治りやすくなる食事
にきびに良いハーブ
にきびに良い漢方薬
にきび痕
にきび痕はなぜできる?
にきび痕ができてしまったら
予防方法
にきびのできにくい肌作り
にきびと便秘
便秘改善方法