スポンサードリンク

ニキビになりにくい肌づくり

思春期のニキビには肌に負担がかからない位のこまめな洗顔をして余分な皮脂を落とします。

皮脂を取り過ぎたり皮脂の分泌を抑え過ぎてもニキビの原因になります。
思春期は皮脂の分泌も多いので脂肪や糖分の多い食事をとり過ぎないようにします。

皮脂の過剰分泌を抑えるのに良いと言われているのはビタミンB1・B2・B6などがあり大豆に含まれる イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすると言われていて余分な皮脂を抑えてニキビを防ぐ働きがあります。
大豆製品は積極的に摂取すると良いでしょう。

糖分や炭水化物の摂り過ぎもニキビの出来やすい人には食べ過ぎるとよくありません。
ナッツ類、香辛料、コーヒーなどの刺激物も同様です。

他にひたいなどにニキビができるのは前髪を下ろしていて皮脂の分泌が盛んなために
髪の毛の刺激でニキビができる原因になってしまいます。
髪の毛につけるスタイリング剤の成分も刺激になってニキビを悪化させる原因の1つです。

ニキビのできやすい人は髪の毛が顔に触れないヘアスタイルを心がけると良いでしょう。

そして、圧迫刺激と言われる原因があり例えばほおずえをつくクセのある人には、
ほおなどいつも同じところにニキビができます。
同じところにばかりニキビができる人は自分のクセなども改善してみると良いでしょう。

ニキビになりにくい肌にするには規則正しい生活とバランスの整った食事や睡眠も大切です。

寝不足やストレスもにきびの原因となります。

ニキビとは?
なぜにきびはできるのか?
詳しい原因と仕組み
年齢によるにきびのちがい
思春期にきびと大人にきび
性別による違い
男性のにきびと女性にきび
女性のにきびと生理
患部によるにきびの違い
顔のにきび
体のにきび
色によるちがい
にきびの色
自宅治療法
自宅スキンケアで治療
正しい洗顔方法
にきびを治す民間療法
にきびが出来やすい食事
にきびが治りやすくなる食事
にきびに良いハーブ
にきびに良い漢方薬
にきび痕
にきび痕はなぜできる?
にきび痕ができてしまったら
予防方法
にきびのできにくい肌作り
にきびと便秘
便秘改善方法